イミテーション・ゲームの人気に焦った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

映画イミテーション・ゲーム見てきた。

もともと、テレビでこの映画の存在を知って興味を持ったんだが、その時は「チューリングとか情報系の大学でも行ってない限り名前聞くこともないし、どうせガラ空きだろう」と油断してた。
で、休日、映画が始まる直前の時間に合わせて映画館行ったら、席がほとんど埋まってると言われて焦った。

何で?
チューリングさんなんて(言ったら悪いが)マイナーな人の話、なんでみんな見たいの?
見る人はみんな情報系の人だと思ってたけど違うの?

などと狼狽したが、どうもこの作品とホーキング博士の映画がオスカー争ったのが理由らしいと知った。また、内容もみんなが見て楽しいと言える感じに仕上がってた。

俺としてはもっとプロジェクトX風の内容を期待してたが、これはこれでよかった。ホーキング博士の映画も見たくなった。

エニグマ アラン・チューリング伝 上

著者/訳者:アンドルー ホッジス

出版社:勁草書房( 2015-02-20 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,916

単行本 ( 412 ページ )

ISBN-10 : 4326750537

ISBN-13 : 9784326750535


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク