はじめよう!要件定義を読み終えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

「はじめよう!要件定義」を読了したので、感想を書く。

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? 49のトラブルから学ぶプロジェクト管理術

著者/訳者:細川 義洋

出版社:日本実業出版社( 2013-09-27 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,160

単行本(ソフトカバー) ( 278 ページ )

ISBN-10 : 4534051158

ISBN-13 : 9784534051158



はじめよう! 要件定義 ~ビギナーからベテランまで

著者/訳者:羽生 章洋

出版社:技術評論社( 2015-02-28 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,138

単行本(ソフトカバー) ( 184 ページ )

ISBN-10 : 4774172286

ISBN-13 : 9784774172286



ビジネスアナリシス知識体系ガイド (BABOKガイド)

出版社:IIBA日本支部( 2012-08-02 )

定価:

大型本 ( 269 ページ )

ISBN-10 : 4904976002

ISBN-13 : 9784904976005


読了した今、要件定義と言えば、システム開発で最もトラブルが多くなる所として有名だが、その原因は「何作ったらいいか、今一分からない」だったように思う。
この本は、何を作れば後に活かせそうか、と言う事がしっかり書かれていて、かつ分量が少ない。なので、まずはこれを読んでから、要件定義に入るのは役に立つだろうと感じた。

まぁ、この本に「これを作れ」とある物は、正式なドキュメントと言うよりは、メモだろうが何だろうが本当に必要なものであって、要件定義フェーズの成果物としてそのまま使えるかと言うと違うと思うが、逆に世にある「要件定義の書き方」的な本は、難し過ぎるし、その癖やるべき事が煙に巻かれてて、肝心な所に手が届かない感がある。
そういう本には、何か、ゴツい名前のドキュメントが何個も出来る事になっている。最終的には必要かも知れんが、「で?それって何なの?」と言う疑問が残ってしまうのだ。

この本は真逆なので、とにかく役には立つ。でも、本棚に置くにはハッタリが効かない。棚には難しげな本を置きつつ、カバンにはこの本を忍ばせれば良いんじゃないかな。

で、後は、「なぜ、システム開発は必ずモメるのか? 49のトラブルから学ぶプロジェクト管理術」を併せて読み、コイツは客に見えない所に隠しておけば、要件定義は完璧だろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク