Spark ProjectのMetasequoiaにbranches付けてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

俺が独自に改造し、自分のコンテンツで使っていたMetasequoia.asを、本家Metasequoiaのbranchesとしてコミットしてみた。含有物は

Metasequoia.as
独自改造済みMetasequoia。以下の機能を持つ

  • ZipLoaderを使用し、zipファイル内のモデルを読み込める
  • Mouse3Dのイベント検知を、メタセコイア内のオブジェクト単位で判別できる
    (腕をクリックした場合、イベントのターゲットが腕のみになるなど)
  • MetasequoiaMaterialを使用し、透明マップを読み込める
  • アニメーション用連番mqoファイル読み込み時にマテリアルの多重読みを避けるために、他のモデルからマテリアルを流用できる
MetasequoiaMaterial.as
模様マップの他に透明マップを読み込んで合成する機能を持つ、Metasequoia用マテリアルクラス
ImageManager.as
MetasequoiaMaterialで使用している、URLをキーにしてキャッシュしたり、tgaやbmpをデコードする機能も持つ画像管理用クラス
ImageManagerEvent.as
ImageManager.as用のイベントクラス
AnimationMetasequoia.as
FLARToolKitの不思議な力で『初音ミクがウッーウッーウマウマ(゚∀゚) 』をあなたに届けたよ!」などで使用した、連番mqoファイルを読み込んでアニメーション表示させるためのクラス
AnimationMetasequoiaEvent.as
AnimationMetasequoia.as用のイベントクラス
DisplayObject3DTreeDataDescriptor.as
メタセコビューワに使用している、DisplayObject3D内の木構造を表示するためのTreeDataDescriptorクラス

で、依存関係として「BMPDecoder」と「ZipLoader」が必要。また、本家の方の「TGADecoder」も使ってる。と言うわけで、使いたい場合は以下の手順で。

  1. 「http://www.libspark.org/svn/as3/Metasequoia」をチェックアウトする。
  2. 「http://www.libspark.org/svn/as3/BMPDecoder」をチェックアウトする。
  3. 「http://www.libspark.org/svn/as3/ZipLoader」をチェックアウトする。
  4. 以下4箇所をクラスパスに加える。
    • Metasequoia\src
    • Metasequoia\branches\tarotarorg\src
    • BMPDecoder\src
    • ZipLoader\src

あと、importする時は、

ActionScript

  1. import org.tarotaro.flash.pv3d.Metasequoia;

てな感じでクラスごとにしないと、本家のMetasequoia.asと干渉するだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク