FlashDevelopでFlash Player 10用のswfファイルを作成する方法(最短2秒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

Flash Player 10が正式リリースされたと言う事で、そろそろFlash Player 10向けのコンテンツでも作っていこうかなと思う今日この頃。
そこで、FlashDevelopでFlash Player 10向けのswfファイルを作成する方法を紹介しよう。
ちなみに、FlashDevelopを使わない方法は
、「feb19.jp blog – Flex SDK 3で、Flash Player 10(Astro)を予習する
などを参考にして欲しい。
ただし、FlashDevelopを使う方法は非常に簡単なので、是非FlashDevelopを使用すべきだ。

また、Flash Player 10用のコードヒントに関しては、
FlashDevelop3 beta9 で Shader クラスのコードヒントを表示する – blog.seyself.com
を見ていただければいいと思う。これで開発環境は完璧だ。

2008年11月13日追記:
後述するFlashPlayer10用のplayerglobal.swcをSWC Librariesに追加すれば、コードヒントが出るようになる。
方法は、まずクラスパスにplayerglobal.swcのあるフォルダを加え、右のツリーに出てきたplayerglobal.swcを右クリック、Add To Libraryを選択するだけ。簡単でしょう。

さて、肝心の「FlashDevelopでFlash Player 10用のswfファイルを作成する方法だが、
「プロジェクトのプロパティを開き、OutputタブのTarget:から『Flash Player 10』を選択する」
以上だ。後はいつも通りビルドすれば良い。

ただし、デフォルトの外部プレイヤー(SDK\runtimes\player以下にある奴)は多分Flash Player 9なので、ビルドして実行すると例外だらけになる。FlashDevelopのデフォルトプレイヤーでも同じだ。別途外部プレイヤーを持ってきて使うか、ブラウザにFlash Player 10をインストールして、そっちで確認する事になる。

2008年10月26日追記:
Adobe Flash Player – Downloadsにある、「Adobe Flash Player 10 ? Debugger Versions (aka debug players or content debuggers)」から、OSにあわせてPlayerをダウンロードできる。たとえばWindowsなら、「Download the Windows Flash Player 10 Projector content debugger (EXE, 4.87 MB)」となる。

なお、「Download Flex 3 – Flex SDK – Confluence」からダウンロードできるFlex SDKの最新のマイルストーンリリースビルド(執筆時点では3.1.0.2710)の「Adobe Flex SDK」には、Flash Player 10用ファイルのコンパイルに必要な、「SDK\frameworks\libs\player\10\playerglobal.swc」が入っていない。
Open Source Flex SDKの方には入っているので、そっちをダウンロードして使おう。必要なのはplayerglobal.swcだけなので、10フォルダをコピーして使えばよい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク