FLAR電脳キューブ最大の壁、「キューブに隠れたモデル(今回はミク)」をどうやって表現するか?を考えて欲しくて、demoを出してみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

実は、FLARToolKitを使って電脳キューブを読み込むと言うデモが、ほぼ出来ている。
出来ているんだが、1つだけ凄く難しい問題があって、それをどうやって解決するか悩んでいる。

どのような問題こと言うと、これ。

キューブが奥に倒れている事がお分かりだろうか?
しかし、モデルであるミクはキューブに隠れていない。
そう、
「キューブにモデルが隠れなくてはならない場面でも、隠れない」
と言う問題だ。
上の画像だと、赤い四角で囲まれた部分の中にちょっと見える
ミクの足部分が、本来は見えないはずなのだ。
橋本氏の書籍にあった「穴」の表現が応用できればよいが、
これが中々難しい問題だ・・・。

実際、それ以外はほぼ出来た。
ちょっとdemoを公開してみるので、試してください。

電脳キューブ試作001番|電脳キューブでウッーウッーウマウマ(゚∀゚)

そして感想プリーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク