FLARCodeを元に画像を作れば、絶対認識できるんじゃね?→やってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

FLARToolKitをやっていく上で、わざわざWebカメラを接続するのが面倒なので、
なんか代わりの画像でも使えないかな??などと思うことがよくあると思う。
俺もよくある。
何せ、Webカメラを起動するまでが重い。
しかも、カメラにマーカを映すよう調整するのが面倒だったりする。

かと言って、マーカはpdf形式なので、AS3で使うのが面倒。
と言う事で、FLARCodeインスタンス内のデータを
そのまま画像化し、Papervision3DのMaterialとして使えるようにしてみた。

そのdemoが、こちら

使い方メモ

このようにして使う。

ActionScript

  1. var code:FLARCode = new FLARCode();
  2. //FLARCode読み込み処理
  3. ・・・
  4. //FLARCodeをイメージ化
  5. var codeImg:FLARCodeImage = new FLARCodeImage(code, 300, 300);
  6. //Papervision3Dのマテリアルに設定
  7. var mat:TriangleMaterial = new MovieMaterial(codeImg);
  8. mat.doubleSided = true;
  9. var plane:Plane = new Plane(mat, 300, 300, 4, 4);
  10. //後は、これをViewPort3DにaddChildすればよい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク