NARUTOを見ながら、Ribbon3Dを試してみた→拡張現実で螺旋丸が出来た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

追記:タイトルがふんわりし過ぎてたので、拡張現実って事を入れてみた。
追記2:動画デモを追加。

Ribbon3Dと言うライブラリが中々面白かった。
と言うことで、実験的にサンプルを作成。
そのdemoが、こちら

何か、
Ribbon3D触ってみた << Puchilog Plus
のサンプル見てたら、ふとNARUTOを思い出したので。
でも、正確な色や形を知らんので、イメージが違ったら指摘求むってことで。

というか、今後こういう感じのプロモーションサイトが増えたら嬉しい。
正直、今芸者東京や頓知・のせいで、拡張現実が単なるバズワード化してる不安がある。
もっと影響力のあるところから、拡張現実が出てほしいと思ってる。
前エントリの英国TOYOTAは頑張ってる。
日本のTOYOTAもFLARToolKitで頑張ってほしい。俺も手伝いたい。

ちなみに、周りが黒いのは
Ribbons | pv3d.org
のコードをパクッて書いた、

ActionScript

  1. viewport.filters = [new GlowFilter(0x000000, 1, 4, 4, 10)];

このGlowFilterの効果。
このためにPV3DARApp書き換えてるからね。
まぁ、他にもパターンファイル書き換えるためとか、Ribbon動かすためとかで色々変えてるけども。

所で、FLARToolKitのサンプル「SimpleCube」なんだが、
パターンファイルとカメラファイルのURL書く所が
SimpleCubeとその親クラスPV3DARAppの両方にあって紛らわしい。
書き換えるべきはSimpleCubeの方だった事に気づかなかった。

と言うことで、今回は簡単にSimpleCube使ってます。
やっぱり楽だね。

で、こっちが投稿してみたデモ動画。

NARUTO-ナルト- DVD-BOX III 激突!ナルトVSサスケ

販売元:アニプレックス( 2009-03-25 )

定価:¥ 28,875 ( 中古価格 ¥ 9,980 より )

Amazon価格:¥ 27,149

時間:1320 分

15 枚組 ( DVD )



Ribbon3Dの使い方

まず、新しく作る。

ActionScript

  1. var r:Ribbon3D = new Ribbon3D(マテリアル, 幅, リボンの最大分割数);

マテリアルはPapervision3DのMaterialクラスね。
幅は、リボンの幅。
リボンの最大分割数は、Ribbon3Dではリボンをdrawする度に新しくPlaneを作るんだが、
その最大の数。それを超えた場合は消されていくので、まぁリボンの長さって所か。
使う時はこう。

ActionScript

  1. r.x = 新しい値;
  2. r.y = 新しい値;
  3. r.z = 新しい値;
  4.  
  5. r.draw();

drawのたびにRibbon3Dが更新されるので、x、y、zを変更してからdrawする。

あとは、何か面白い3次元の曲線の数式があれば、
やってみて楽しめるんじゃあないかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク