LeveLheadは、「これは来た!」と思わせる拡張現実かつゲーム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

拡張現実を使ったゲーム、LeveLheadが凄い。
LEVELHEAD

動画を見るとよく分かるんだが、
拡張現実を見事に使って、ゲームになっている。
動画はこの記事の単一ページに埋め込んであるので見て欲しい。

ちょっと静止画だけで解説すると、キューブの各面が部屋になっていて、
中に人がいる。上の画像で左の赤いキューブ内の部屋にいる人間は、
キューブを傾けるとその方向に歩き出す。
で、ドアを通ると別の面が映し出す部屋に移動する。
画像では赤のキューブから緑のキューブに映ろうとしている所だ。
キューブが一つだと、他の面に移動するようになっている。

とにかく、動画を見ろ!

動画

と言う事で、これがその動画。
キューブの各面のつながりが今一よく分からんけど、凄く面白い。
こう言う楽しいネタがどんどん増えてくれると嬉しいね!


levelHead v1.0, 3 cube speed-run (spoiler!) from Julian Oliver on Vimeo.

ちなみに、気になるソースコードについては、

levelHead source code and assets are available for those brave enough to want to try compiling it.
julianoliver.com

とのこと。
つまり、コンパイルに挑戦する勇気があるなら利用可能です!
挑戦的だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク