Snow LeopardにNTFSの外付けHDDを取り付けて、書き込みする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

Macだと、標準ではNTFSのHDDに書き込みできないらしい。
そこで、アプリの力を借りて書き込み可能にする訳だが、
今回はその方法を紹介。

Mac OS XからWindowsのNTFSパーティションに書き込めるようにするには(改訂版) – パソコンよろずQ&A

主に、こちらのサイトを参考にする。

まず、サイトにはMacFUSEとNTFS-3Gが必要とあるが、
最新版のNTFS-3GにはMacFUSEが含まれているらしく、
インストールするのはNTFS-3Gのみでよい。
NTFS-3G for Mac OS X
から、ソフトをダウンロードし、インストールする。

インストールは通常通りに終わるので、最後に出てくるダイアログで
OKをクリックすると再起動される。

再起動後、システム環境設定に、以下のような項目が増えている。
システム環境設定に追加される項目

右のNTFS-3Gをクリックし、設定画面を開く。
その前になんかダイアログ出るけど、OKを押せばよい。
(システム環境設定をいったん自動で閉じ、NTFS-3Gの設定を開くけどいい?と聞かれる)

で、まずは左下の鍵マークをクリックし、
パスワードを入れてやる。
すると設定を変更可能になるが、有効になった瞬間の設定で既に問題なく
NTFSのHDDに書き込みができる。
終わったら、外付けHDDを一旦外し、再度つけ直す。

これで、書き込みができるようになっているはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク