UltraVNCをインストールしてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

引越ししてプロバイダがOCNになった結果、やって来たモデムにLANが4つ付いていた。
と言うことで、家にあったノートPCとデスクトップPCを同時にネット接続可能になり、
しかも同一ネットワークに放り込むことが出来るようになった。

で、何をやったかと言うと、UltraVNCというリモートデスクトップ用のソフトを入れて、
PC同士を連携させてみたわけです。

インストール自体は簡単で、ソフトをダウンロードして、ダブルクリックして
インストールするだけ。

UltraVNCインストール(1)

UltraVNCインストール(2)

UltraVNCインストール(3)

UltraVNCインストール(4)

インストールするソフトウェアの種類を選択。
サーバ側(接続される側)、クライアント側(接続する側)の2種類があり、
Full installationは全てインストールされる。
接続するだけの場合、Viewerというのだけ入れておけばよい。
UltraVNCインストール(5)

UltraVNCインストール(6)

ここでVista用の追加ファイルをダウンロードするか聞かれるが、
不要なので(XPだから)チェックを外す。
UltraVNCインストール(7)

ここでWindows2000、XP用の、特別なドライバをダウンロードするか聞かれる。
俺は不要だったのでチェックを外したが、これを使うと速くなるらしいので、
スピードを欲しがっている人はチェックしてもいいかも。
UltraVNCインストール(8)

色々と聞かれる。
最初のチェックは、UltraVNCをWindowsのサービスとして
登録するかどうかの質問。サーバ側(接続される側)ではチェックしておく。
次のチェックは、UltraVNCサービスを開始(or再開)するかどうかの質問。
すぐ開始したければチェックしておく。
下2つはどうでもいいかも。デスクトップにアイコンを作るかどうかと、
vncと言う拡張子のファイルを、UltraVNCと関連付けるかどうかの質問。
UltraVNCインストール(9)

UltraVNCインストール(10)

UltraVNCインストール(11)

UltraVNCインストール(12)

UltraVNCインストール(13)

これで、後は接続を試すだけだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク