FLARToolkitで長方形マーカーと音AR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

前々回のエントリで長方形マーカーが可能であるということがわかり、
前回のエントリで音のなるARに感銘を受けたわけだが、

その2つを組み合わせて作ってみたデモが、こちら

このマーカに反応し、「ハロー」とか「太郎」とか言い出す。
rectangle marker sample

とりあえず、長方形もいけるとなるとマーカーにかなり幅が出る。
あと、音もいけるというのが楽しい。

ちなみに、音の方はMacの「say」コマンドで作っている。
AS3で音を出すコードも簡単で、まずはクラス宣言内にmp3ファイルの埋め込み宣言をして、

ActionScript

  1. [Embed(source = 'assets/z_hello.mp3')]private const HelloVoice:Class;

埋め込んだオブジェクトのクラスを、newしてSoundクラスの変数に入れるだけ。
そして、再生は「play()」メソッドを呼び出せば実施される。
簡単。

ActionScript

  1. var helloVoice:Sound = new HelloVoice();
  2. helloVoice.play();

Macのsayコマンドは「-o」オプションでaiffファイルを出せるので、
iTunes使ってmp3に変換すればよし。
簡単簡単。

ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0 ―It's a wonderfl world―

著者/訳者:面白法人カヤック フォークビッツ

出版社:ワークスコーポレーション( 2009-12-19 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,900

単行本 ( 376 ページ )

ISBN-10 : 4862670776

ISBN-13 : 9784862670779


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク