セカイカメラ(みたいな位置+カメラのAR)を爆発的流行に導く、”夢の”プランを考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

クリムゾンフォックスとかいう、渋谷を舞台にしたARゲームに参加できなくて
残念な思いをしているが、その感想記事などを読んで、やはり位置情報と
カメラへのオーバーレイをベースとした、いわゆる位置ARは、
セカイ(セカイ系のような、閉鎖された個人の妄想空間的な意味で)でこそ
面白さを発揮するのだなと痛感した気がする。

そこで逆に、閉鎖的でありながら、みんながその存在を認めている空間でなら、
位置ARの本領をフルに発揮できるのではないかと考えた。
そう考えた時、「閉鎖的でありながら、みんながその存在を認めている空間」として、
最もふさわしいものと言えば、やはり「夢の国」東京ディズニーリゾートしか
ないんじゃないか?と言う結論に達した。

キングダム ハーツ バース バイ スリープ

キングダム ハーツ バース バイ スリープ

定価:¥ 6,264

Amazon価格:¥ 7,301

カテゴリ:Video Game

発売日:2010-01-09



つまり、ディズニーランドやディズニーシーにおいて、位置ARを活用するのだ。

例えば、お笑い芸人FUJIWARAのどっちかは凄いディズニーマニアで、
どのキャラクターがいつ何処にいるかを完全把握しているらしい。
また、乗り物についての知識が半端なく、一緒に行くととても楽しめるそうだ。

この彼の能力を、iPhoneアプリとして提供すると言う構想だ。
例えば、セカイカメラのエアタグを考える。
ミッキー様に頼んで、ディズニーの住人の皆さんに、GPLを装着してもらう。
そして、5分毎に、現在地をエアタグとして投稿する(もちろん自動で)。
で、キャラクターごとに最新3つくらいのエアタグだけ残し、後は消す。
こうすることで、住人の皆さんがどのように移動したかをある程度把握できるし、
カメラをかざしてエアタグを見つけ、探して会いに行きやすくなると言う利点がある。
お客さんは喜ぶだろう。

あとは、アトラクションの歴史的背景などについて、
カメラにかざすと動画が出てくるとか、色々なアイディアを考えられるだろう。

そもそも、ARとは現実を拡張することなのだから、ディズニーランドのような、
現実であり、夢でもある空間との相性は抜群なのではないだろうか?

もちろん、夢を守るための工夫が必要だ。
文字通りゾーニングを行い、ディズニー内ではエアタグを置けないようにすればよい。
夢の中に足跡を残せるのは、夢の国の住人たちだけと言うわけだ。

しかも、この妄想は、日本のiPhoneでならば、
意外と実現可能なんじゃないか?と思える。

何故「日本のiPhone」でなら出来るのか?
それはもちろん、SoftBankから出ている「ディズニーモバイル」があるからだ。
そして、iPhoneもSoftBankから出ている。
おそらく孫社長は、ミッキー様と仲が良いに違いない。だから、ディズニーモバイルを
展開しているのだろう。
そんな孫社長ならば、夢の国とARのコラボを実現できるかもしれない。
いや、ARではなく、「AD(Augmented Dream)」と呼ぶべきか。

まぁつまり、俺が常日頃思っている「セカイカメラが全然世界を相手にしていない」を、
良い感じで解消できるんじゃないかなーと言う妄想である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク