QUALCOMM AR SDKに手を出すがXOOMでこける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NyARToolKit for Androidを試そうとしてgitからソースを引っ張ってみたんだが、
何かビルドパスの設定がどうにもWindows形式になってて、直したりするのが
面倒になってしまったので、少し気になってたQUALCOMM SDKに手を出してみたりした。

一応アカウントはあったので、とりあえずSDKを入手。サンプルを動かすところまでがんばってみた結果。

ところで、この急須?のモデル、ARToolKitでも使われている超有名モデルだけど、
誰が作ったんかね?気になるぜ。

あと、ここに書いてある事はおおむねQUALCOMM AR SDKと同時にゲット出来る、
「QCAR-SDK1.0-Documentation[Japanese].pdf」
に書いてあるからそっち読んでもいいかも。

必要なSDKの入手

まず、基本だがAndroid SDKが必要。
追加で、Android NDKってのが必要。
そしてもちろん、QUALCOMM AR SDKが必要。

それぞれゲットして、インストールしておく。
Android SDKとAndroid NDKは展開してどこかに置き、パスを通しておく。
QUALCOMM AR SDKは最初にSDKを実行するとインストールしてくれる。
場所は

/Users/<ユーザ名>/Development/Android/qcar-sdk-1-0-0

になる。もしよかったら、Android SDKとNDKもこの下に入れとくとよいかも。

サンプルを動かす(1)コマンドラインで下準備

で、サンプルの実行を開始。まず狙いは「ImageTarget」。
とりあえず、サンプルのある

/Users/<ユーザ名>/Development/Android/qcar-sdk-1-0-0/samples/ImageTargets

に移動し、ndk-buildコマンドを実行する。

  1. $ ndk-build
  2. Invalid attribute name:
  3.       package
  4. Compile++ arm    : ImageTargets <= ImageTargets.cpp
  5. Compile++ arm    : ImageTargets <= SampleUtils.cpp
  6. Compile++ arm    : ImageTargets <= Texture.cpp
  7. StaticLibrary  : libstdc++.a
  8. Prebuilt       : libQCAR.so <= jni/../../../build/lib/armeabi/
  9. SharedLibrary  : libImageTargets.so
  10. Install        : libImageTargets.so => libs/armeabi/libImageTargets.so
  11. Install        : libQCAR.so => libs/armeabi/libQCAR.so
  12. Compile++ arm    : ImageTargets <= ImageTargets.cpp
  13. Compile++ arm    : ImageTargets <= SampleUtils.cpp
  14. Compile++ arm    : ImageTargets <= Texture.cpp
  15. StaticLibrary  : libstdc++.a
  16. Prebuilt       : libQCAR.so <= jni/../../../build/lib/armeabi-v7a/
  17. SharedLibrary  : libImageTargets.so
  18. Install        : libImageTargets.so => libs/armeabi-v7a/libImageTargets.so
  19. Install        : libQCAR.so => libs/armeabi-v7a/libQCAR.so

これで完了。
準備ができたので、Eclipseを立ち上げてサンプルを実機に突っ込んでみる。

サンプルを動かす(2)Eclipseでの設定

まず、Eclipseのクラスパス変数を作る。
Eclipseのメニューにある「環境設定」を選択してダイアログを開き、
Classpath Variablesとフィルターに打ち込んで、クラスパス変数追加画面を開く。
で、「追加」を押して、以下の情報を入力。
OKを押してダイアログを閉じる。

名前:QCAR_SDK_ROOT
値:/Users/<ユーザ名>/Development/Android/qcar-sdk-1-0-0

次に、プロジェクトを作る。Eclipseのメニューから、インポートを行う。
「既存プロジェクトをワークスペースに」で、
「/Users/<ユーザ名>/Development/Android/qcar-sdk-1-0-0/samples」
を選択するとプロジェクトの一覧が出てくるので、ImageTargetsを選択する。
で、ビルドエラーが出るようならクリーンを行って再ビルド。

ビルドが成功したら、実機をつなげて実行してみる。

XOOMだと、何回やってもこうなる。

エラーメッセージはこう。

これはもう完璧に無理なのか?
諦めてNyARToolKitに戻るしかないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク