fs.watchFile→fs.watchってかなり乱暴だな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

node.jsでファイルの監視のために「fs.watchFile」ってのを使おうとしてたんだが、
Windowsだと問答無用で失敗するらしい。

こんな感じ。

  1. fs.watchFile = function(filename) {
  2. if (isWindows) {   throw new Error('use fs.watch api instead');   }

で、代わりに「fs.watch」を使えとの事。
が、この、fs.watchのドキュメントを見ると、fs.watch、callbackの引数がしょぼい!
fs.watchFileだと、変更前後のファイル状態(fs.Statsオブジェクト)が
もらえるのだが、fs.watchはイベント名(changeかrename)とファイル名。
しかも、ファイル名はもしかしたらこないかも知れないとまで書いてある。
fs.Statsの豪華さに比べて何と情報量の少ないことか・・・。
ていうか、代替案じゃないじゃん!完全に自前でfs.Stats拾っとく必要あるじゃん!

でも、fs.watchFileは遅くてクソだ!ともドキュメントには書いてある。
いったい、fs.watchFileのどの部分がそんなに不味いのか。
それを教えて欲しい。そこは避けるから。
不味くないなら、例外のコードどけて使うから。

Node.js in Action + EBook

著者/訳者:Mike Cantelon Marc Harter Tj Holowaychuk Nathan Rajlich

出版社:Manning Pubns Co( 2013-11-25 )

定価:¥ 4,398

Amazon価格:¥ 6,335

ペーパーバック ( 395 ページ )

ISBN-10 : 1617290572

ISBN-13 : 9781617290572


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク