FLARToolkitで、縦に長いマーカーを試す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

FLARToolkitでは、基本的にマーカは正方形扱いだが、
実は縦長でもいけるのでは?と思って試してみた。

使ったのはこの、縦に伸ばしたHiroマーカー。
縦2倍に伸ばしたHiro

ところで、うわさのAR三兄弟長男さんが、次号からWeb DesigningにてARの連載を始めるそうですよ。
アピールしといて載せてもらおう。でもこの間パクリ扱いしたからダメかもな。

ただ、この人@ITにも連載1回しかしてないから不安だ。

WebDesigning(ウェブデザイニング) 2010年 01月号 [雑誌]

出版社:毎日コミュニケーションズ( 2009-12-18 )

定価:

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910018790106



さて、この長Hiroマーカーだが、ARToolKit Marker Generator Onlineにて
マーカ化してみたところ、そのまま正方形のマーカとして認識された。
長方形でも、正方形のマーカになる。

次に、拡張現実型メタセコビューワで試してみる。

このように、一見上手いこと動くように見える。
長方形マーカでも動く

が、少しずれただけで、斜めと認識されるようになる。
縦が長いせいかな。
すぐ、ななめになっちゃう

判断が難しいところだが、まぁ、一応は動くかな・・・。
この要領で、長方形のマーカを作りたい時は、まず正方形の枠を作り、
それを長方形に伸ばして、その後模様を書いて、で、パターンを作ればよいか。
そうすれば、正方形のパターンが出来るので、それを適用できる。

すぐ斜めになるところは調整が必要かも。

なお、枠は例によって細くても良い。
このように白部分を増やせる。
ただし、正方形のマーカを伸ばした時に黒になってる部分は、
模様を書いてもマーカにはならず、認識時には切り取られるので注意。
(それを利用して、外側部分を柄にすることも出来るかな。)

これが、白を増やしたマーカ認識の様子。
白を増やしたマーカ認識

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク