FlashDevelop+AS3Unitで、単体テストを書く方法(2):GUIでテスト実行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

と言う事で単体テストの話の続き。前回のエントリではCUIでtrace文を使ってテスト結果を見てたけど、実はGUIが簡単に使えた。こんな感じ。

ActionScript

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <mx:Application
  3.     xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
  4.     xmlns:as3unit="org.libspark.as3unit.components.*"
  5.     layout="absolute"
  6.     creationComplete="creationCompleteHandler()">
  7.     <mx:Script>
  8.         <!&#91;CDATA[
  9.         import <テストスイートのクラス>;
  10.  
  11.             private function creationCompleteHandler():void
  12.             {
  13.                 as3unit.run(<テストスイートクラス名>);
  14.             }
  15.         &#93;]>
  16.     </mx:Script>
  17.     <as3unit:AS3Unit id="as3unit"/>
  18. </mx:Application>

これで実行すると、例えば
GUIによるAS3Unitの実行
のようなGUIが立ち上がる。ちなみにこれは、テストケース(テスト用のメソッド)が2件あり、内1件でエラーが出た場合。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク