下町ロケット ゴーストの前日譚は、やはり下町ロケット ドライブなのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

もうすぐ資格試験も近いというのに、下町ロケット最新作の下町ロケット ゴーストと下町ロケット ヤタガラスを読み切ってしまった。前編のゴーストを読んだ段階では神谷が主役の外伝かと思ったが、後編は一応下町ロケット本編っぽかった…と思う。

Kindleで買ったから分からなかったが、紙の本だとヤタガラスの方の表紙のトラクターの赤色具合がベルトさんとか付属してそうだった。

ストーリーは、前後編で分かれたせいかヤタガラス編の方は盛り上がりに欠けると言うか、(ずっと盛り上がってたせいで逆に)山谷がない話になってた気がする。
もしかしたら後編も本編じゃなく、新キャラ島津の外伝だったかもしれない。それで盛り上がりに欠けて見えたのかも。いや、もう下町ロケット自体が外伝オンリーなのかもしれない。だって、下町の中小企業にそんなに何回もドラマチックな新ジャンルへのチャレンジなんかあったら困るでしょ。でもそうでもないのかな。生き残りに賭ける思いがあれば何回でも池井戸節が炸裂するのかな。

しかし、原作を読んだのでドラマの宣伝が楽しく見れる。キャストとか意外だな、とか合うな、とか。島津は安藤なつをイメージしてたが、イモトは言われてみれば合う。一方で古舘は意外だった。重田もっと若いと思ってたから。あとドラマ軽部は暗すぎる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク