FABridgeでFlash←→JavaScript間のやり取り実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

FABridgeを使ってFlashムービー内のプロパティを変化させ、それに呼応して処理を実行すると言う実験をしてみた。そのついでに、ExternalInterfaceを使ってFlashムービーからJavaScriptを使う実験もしてみた。

ActionScript3 のソースをコンパイルするとき、現在は flex2 SDK に含まれる mxmlc を使うのが主流です。このコンパイラはAS3の言語では定義されてない、flex 独自のメタデータタグ([] で囲まれた syntax。[Bindable] など)を解釈し、自動でAS3ソースコードをジェネレートしてくれます。
mxmlc コンパイラのメタデータタグを利用する – [Bindable] 篇 – 川o・-・)<2nd life()

この記事にあるように、メタデータタグを使うとプロパティの変化が楽に見られそうなので採用。記事内ではかなり深い考察を入れているが、取り敢えず今回は動けば良いの思想で、必要なところだけを抜き出して使用。


では、まず次のページではサンプルをご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク