FLARToolKitで使うために、キューブ型のマーカを作ってみる(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回の失敗を活かし、今回はキューブ型のマーカを認識させることに成功。
ちなみに、このプログラムは「マーカかもしれない正方形を探す」物なので、こっから上手いことキューブを認識するようにしないといけない。
例えば、3つの正方形がキューブっぽく並んでる時は一番デカイ奴を判別してそこだけをマーカと比べてみるとか。

まだ展開図ですけど。

明らかに、一番奥のマーカの位置がずれている。これはやはり、カメラのパラメータをデフォルトのままにしてるからだろうな。
カメラのマーカといえば、例えばWebカメラじゃなくて普通の動画からマーカを探したい時みたいに、「全く歪んでない理想のカメラ」のパラメータを定義しようとしたら、それはどんな値になるのだろうか?カメラパラメータについて調べねば。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク