ErlangとARToolKitにどのような関連が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Amazon.co.jpから以下のようなメールが来ていた。

Amazon.co.jpで、以前に「柏原 正三の『プログラミング言語Erlang入門』」をチェックされた方に、橋本 直の『3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門』のご案内をお送りしています。『3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門』、現在好評発売中です。 ¥ 3,129で注文するには、以下のリンクをクリック

確かにドンピシャリだが、Amazonは『プログラミング言語Erlang入門』と『3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門』の間に一体どのような関連性を見出したのだろう?
と言うか、データマイニング?って凄いな。偶々だろうけど。

3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門

著者/訳者:橋本 直

出版社:アスキー・メディアワークス( 2008-09-17 )

定価:

Amazon価格:¥ 6,270

大型本 ( 240 ページ )

ISBN-10 : 4048673610

ISBN-13 : 9784048673617



プログラミング言語Erlang入門

著者/訳者:柏原 正三

出版社:アスキー( 2007-11-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 18,519

単行本(ソフトカバー) ( 200 ページ )

ISBN-10 : 4756150705

ISBN-13 : 9784756150707


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク