Pixel BenderをEclipseから作る、PBDTを試す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

と言うことで、EclipseからPixel Bender用のファイルを作る「PBDT」を使ってみた。
と言うわけで、まずはPixel Benderをインストールしよう。
Adobe Labs – Pixel Benderを参考に、Pixel Benderを入れる。
起動時に何かGPUが対応してないからCPUモードにするとか言われた。
今後毎回聞かれるのがイヤなら設定変えろとも言われたので、変えとく。
Pixel BenderのCPU利用設定

終わったらPBDTをインストール。
PBDT at blog.joa-ebert.com – Blog of Joa Ebert
を参考に、Eclipseの更新機能からインストールして、再起動。

さて、元々FDTが前提なので、大変なのはここからだ。

まず、プロジェクトの作成。
今回は、「一般」-「プロジェクト」という、最も簡単なプロジェクトを作る。
で、作ったプロジェクトで右クリックすると、解説サイトにあるように
「Add/Remove PixelBender Nature」
が選べるようになってるので選ぶ。
で、後は解説通りに進めて行けば良い。

で、最終的に作ったpbkファイルがどのようにFlashと連動するのかは不明。
FDTでなら、AS3をコンパイルして動かしたらpbkも適用されてると思うけど。

俺のようにPBDTだけの人は、多分別途Pixel Bender起動して読み込みだな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク