IN2ARで、超駆け足な感じでAndroidアプリを作ってみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

IN2ARという、AS3でマーカーレス(画像マーカー)のARアプリが作れるライブラリで、Android向けにAIRアプリを作ってみる。
今回は、Flash Builder4.6でチャレンジ。

AIR版IN2AR

AR三兄弟の企画書

著者/訳者:川田十夢

出版社:日経BP社( 2010-08-26 )

定価:

単行本 ( 220 ページ )

ISBN-10 : 4822248240

ISBN-13 : 9784822248246




まず最大の難関は、Flash Builder4.6についているFlex SDKは古いということ。最新版をゲットする。
Apache Flexから、4.9.1のバイナリをダウンロードし、適当なところに展開する。
次に、Adobe AIR SDKもダウンロードして展開。AS3用とFlex用があるが、今回はAS3用で。

展開したら、Flex SDKの上に、AIR SDKを上書きする。

上書きしたら、SDK/frameworks/フォルダに移動する。すると「air-config.xml」と「airmobile-config.xml」というファイルがある。その中に「{airHome}/frameworks/libs/air」と記載のある部分がある。それをすべて「libs/air」に書き換える。

SDKの準備が出来たら、Flash Builderの「インストールされているFlex SDK」に設定しておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク