AR普及のために、エロを真剣に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

この18禁マーカーは@from10jokerに貰った。

いつの世も技術を進ませるのは軍事とエロであり、
われわれ一般人に可能なのは、主にエロだ。

早速3D対応のエロDVDが出たらしいし、3ヶ月もすれば
雑誌の付録レベルでエロDVDが氾濫してくるんじゃないかと思う。

そうすれば、テレビだけでなくPCのモニタにも一時的に3D化出来る機能が
付いたりするだろう。

もちろん、AR業界も負けていられない。
俺は、個人的にはマーカーレスARなど意味が無いと思うが、
エロARだけは別だ。
以下に、俺が考えたARの種類とエロへの応用例を書く。

マーカーベースAR
写真にマーカーを貼り付けておくことで、モザイク・袋とじ代わりに
マーカーレスAR
一見普通の服を着た写真だが、Webカメラに映すことで透ける「妄撮」ライクなコンテンツに
位置情報系AR
ホテル・風俗検索や「リアル出会い系」として

ということで、俺はいつもマーカーベースなので、今回もマーカーベースで。
ちょうど、最近いい素材を手に入れたのでそいつを使って
モザイクっぽいARと言うのはこういうものですよという実例をこちらに見せよう。

ただ、マーカーベースエロARは漫画とかに適用するのは難しいな。
マーカーの色と漫画の線の色が同じ(少なくとも解析時点では同じ)なので、
マーカーを見つけられないと思うので。

マーカーレスは今度誰かが作ってくれるんじゃないかな?
俺には作れない。
あと、実際にその内誰かが商品化するだろう。
俺はしないけど。

とりあえず、マーカーベース&マーカーレスエロARが流行ることを望む。
エロという「実用性」重視の業界でARが一般的になれば、みんなが
「理由はいえないが、両手が使えるHMDが欲しいな」と思うはずだ。
そうすればHMDが普及する。

妄撮 モーサツ

著者/訳者:Tommy(写真)

出版社:講談社( 2008-06-12 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,836

単行本 ( 160 ページ )

ISBN-10 : 4063077578

ISBN-13 : 9784063077575


エロが技術を発展させる理由だが、俺としては
「人はみな思春期にエロい妄想をいっぱいするから」
だと思っている。
みんなが思春期にエロい妄想をいっぱいして、それを頭の中にストックする。
で、将来技術力を持った時に、その妄想の中から手にある技術で実現できそうな
物を探す。
みんながエロについて真剣に考えているからこそ、適用の幅が広がり、
技術が一気に進歩する。
別に本能に従ってるからとか、エロに訴えることが安易な道だからとかではない。
純粋に、「みんなが一生懸命まじめに考えている分野だから」なのだ。

最後に、写真を提供してくださった@miyaketttに感謝の言葉を述べたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク